アディダス(adidas)の歴史

アディダス(adidas)は、世界的に有名なドイツのスポーツ用品メーカーである。サッカー日本代表のユニフォームは、現在はアディダス(adidas)が提供している。

ロゴは2種類あり、三本線のロゴは主にスポーツブランドに、楓を象ったロゴは主にファッションブランドに付される。

アディダス(adidas)は1920年 ドイツ・ニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンアウラッハで、靴製造の会社「ダスラー兄弟商会」を設立。兄のルドルフが販売、アドルフが生産を主に担当。
アディダス(adidas)は1948年 兄弟との意見対立により「ダスラー兄弟商会」を解消。アドルフはアディダス(adidas)社を設立。「アディダス(adidas)」とはアドルフの愛称「アディ」と「ダスラー」をつなげたもの。なお兄ルドルフはRUDE社を設立。これが翌年、プーマ社となる。
アディダス(adidas)は1965年 テニスシューズ「ハイレット」を発表。これが後のスタンスミスである。
アディダス(adidas)は1970年 オールレザーのバスケットシューズ、「スーパースター」発表。
アディダス(adidas)は1970年以降、アドルフの息子ホルスト・ダスラーが実権を握り始める。ホルストはスポーツ広告代理店ISLを電通と共同で設立し、スポーツをビジネス化した。これによりFIFAやIOCなど国際的スポーツ組織を取り込み、スポーツ界全般においても大きな力を持つようになった。この時期、アディダス(adidas)は売上高で世界一のスポーツ用品メーカーであった。
アディダス(adidas)は1986年 ホルスト・ダスラーが51歳の若さで病死。アドルフの娘たちとホルストの息子たちとの間での経営権争いもあり、アディダスの経営は迷走を始める。
アディダス(adidas)は1990年 フランス人実業家ベルナール・タピが株式の過半を取得、経営権を握る。これによりダスラー家とアディダス(adidas)社との資本関係はほぼ消滅した。この頃には、ナイキ、リーボックに次ぐ業界3番手に転落していた。
993年 銀行団主導でフランス人実業家ロベール・ルイ・ドレフュスが経営権を握る。ドレフュスのもとでアディダス(adidas)は黒字化、復活を果たした。
アディダス(adidas)は1995年 フランクフルト証券取引所に上場。
アディダス(adidas)は1997年 ウインタースポーツ用品メーカー、サロモンを買収。世界ナンバー2のスポーツ用品メーカー、アディダス(adidas)−サロモングループになる。
アディダス(adidas)は2005年 リーボック株を取得し、リーボックをグループに加える。
    アディダス(adidas)グループの売上げは約100億ドル。10月25日、フィンランドのスポーツ用品メーカー、アメアスポーツコーポレーションにサロモン部門を売却。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。